具体的活動

V.公正な社会の実現に向けた社会運動について

 1.政治活動に理解を得るための活動

労働組合が政治に取り組む理由は、私たち雇用労働者の立場に立った、産業政策・社会政策・労働政策など政策・制度の実現です。日本が抱える課題や現状、電機連合の政策や選挙の意義について役員がきちんと理解し、組合員に周知することが重要です。「政治を身近に感じられる」取り組みとして、各種学習会や周知活動を展開していきます。


2.組織内議員との連携 

地域における政策・制度の実現に関しては、「生活に対する不安」「将来に対する不安」などの払拭に向けて組織内議員と加盟組織の連携が非常に重要です。
 
県議会や市議会、また町議会の定例会議を傍聴し、組織内議員の活動を身近に感じる取り組みに努めます。また、活動の理解を深める取り組みとして「議員活動報告会」の開催や、加盟組織での報告会の開催などを政治活動委員会と連携して積極的に推奨していきます。
  また、個人や地域での困りごとの改善に向けて、「困りごと相談シート」の更なる活用を周知し、組織内議員と連携を図りながら利用促進に繋げていきます。

3.国政選挙やその他の地方選挙の取り組み

国民民主党の綱領・政策に関する基本的な考え方は、生活者、働くものに立脚したものになっていることから、上部団体の電機連合は国民民主党を連携の中心に据え、政策・制度の実現を目指すとしています。来年は第25回参議院選挙が施工されますが、未だ支持率が低迷状態にあります。来年の参議院議員選挙は、一昨年の「矢田わか子」氏以上の取り組みが必要不可欠になります。電機連合公認候補「石上としお」氏の2期目の当選に向けて、全力で支援をしていきます。

合わせて、20194月に予定されている統一地方選挙では、連合群馬推薦候補者全員の必勝に向けて取り組むとともに、太田市議会議員選挙においても、組織内議員である「久保田たかし」氏の当選に向けて全力で取り組みます。

4.社会貢献活動の推進

東日本大震災から長い月日が経過しましたが、決して忘れてはならない災害です。電機連合をはじめ、関係する内外組織と連携し、「被災者と心をつなぐ活動」をコンセプトに、引き続き被災地の復興支援活動に柔軟に取り組んでいきます。また社会貢献活動や各種ボランティア活動に関しても、各団体と連携し、積極的に取り組んでいきます。